35歳の少女1話のあらすじやキャストは誰?出演者のコメントも紹介!

35歳の少女

 ドラマ35歳の少女は、日本テレビ系列で毎週土曜日よる10時より放送中のドラマとなっています。主演は、女優の柴咲コウさんとなり、なんと5年ぶりの民放ドラマの出演ということでとても話題となりました。監督は、数々の映画やドラマを手掛けている湯川和彦さんです!現在は、第3話まで放送されています。

 今回は、このドラマのあらすじ、相関図、キャストからのコメントなどについて詳しく解説していきたいと思います。

【“反抗期”の予感!!】第4話予告ロングVer!土曜ドラマ「35歳の少女」 10月31日(土)よる10時!!

35歳の少女 第4話あらすじ

望美のぞみ(柴咲コウ)はなぜか多恵たえ(鈴木保奈美)のことを鬱陶しく感じ始めていた……。一方、泥酔熱唱動画が社内で出回った愛美まなみ(橋本愛)はプロジェクトをおろされ、早期退職を勧められた進次しんじ(田中哲司)は家族に打ち明けらず、それぞれの問題は深まるばかり。そんな中、結人ゆうと(坂口健太郎)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強が捗り、中学の学習内容に進むことに。通うはずだった中学校を見に行くと、下校中の中学生と意気投合する。その一方で、口出しして来る多恵や情けない進次に対して経験したことのない“反抗期”のイライラを感じてしまう。心と体が噛み合わない望美を新たなトラブルが待っていた……。

https://www.ntv.co.jp/shojo35/

35歳の少女 相関図

 ここからは、このドラマの相関図をまとめてみました。このドラマは、湯川監督が手掛けているドラマなのですが、湯川ワールド全開なドラマになっています。

 現時点の視聴率は、第一話が11.1%、第二話が9.6%とまずまずの視聴率です!笑える話というよりは、どちらかというと泣けてしまう話になっています。

https://images.app.goo.gl/Mfz4YQuF8fvii6ct7

 こちらが、このドラマの相関図になっています。複雑な人間関係が描かれていますね。個人的には坂口さんと柴咲さんが役の中で結ばれるのかどうなのか気になっています!犯人は一体誰なのかとても気になりますね!

35歳の少女 キャストからのコメント

 ここからは、このドラマに登場するキャストの方からコメントが寄せられているので、そちらをご紹介していきたいと思います。どのようにしてこのドラマに挑んでいるのかをコメントを読むと伝わってくるため、どんな作品になるかとてもワクワクします!

柴咲コウさん コメント

この度、主人公の「今村望美」を演じさせていただきます。
等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみです。
1話の台本を読み、自然と感情が揺れ動きました。
望美が、望美の周りの人達がどうなっていくのか、毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています。
脚本の遊川さん、プロデューサーの大平さんとは「〇〇妻」の時にご一緒しておりますが、この作品では皆で忌憚なく意見を言い合ってより良い作品を作り上げていきたいです。
たくさんの方に見ていただき、皆様の心に残る作品になれば嬉しく存じます。

https://www.ntv.co.jp/shojo35/caststaff/

坂口健太郎さん コメント

この度、望美の幼なじみ、結人役を演じさせていただきます、坂口健太郎です。
初の遊川作品、そして初めて柴咲コウさんとご一緒させていただけることが、今からとても楽しみです。
最初に台本を読ませていただいた時の高揚感を大切にしながら、望美の周りで起こる様々な出来事を、結人として見守り、時には望美に気づかされ、一緒に成長していけたら嬉しいです。

https://www.ntv.co.jp/shojo35/caststaff/

田中哲司さん コメント

今回、望美の父親を演じさせて頂きます。
コメディタッチの中に、ピリッと、そしてさりげなく『皆さんならどうしますか?』と言う問いかけが沢山詰まった、とても素敵な物語です。
遊川さんの脚本を読んで『自分ならどうだろうか?』と何度も考えました。
大人になる事とは?
家族とは?
親とは?
命とは?
そして、人生とは?
僕たちがいつの間にか忘れてしまった何か大切な物を、このドラマが、視聴される方は勿論ですが、役を通して54歳の自分にも思い起こさせてくれるのではないかと、期待させる作品です。
この作品に巡り会わせてくれたことに感謝です。

https://www.ntv.co.jp/shojo35/caststaff/

大友加恋さん コメント

この度、林田藤子を演じさせていただきます。
1話の台本を読み、自分が自分らしく生きるためのエネルギーがうまく循環しないもどかしさを登場人物全員から感じました。私が漠然と感じていたモヤモヤとした想いは誰もが感じているものなのかもしれない、そしてこれから、そんな想いをこの作品がきっと明るく照らしてくれる、と早速救われこの作品のファンになりました。
藤子として、そんな作品の一部になれる喜びと責任をしっかりと噛み締めながら撮影に臨みます!

https://www.ntv.co.jp/shojo35/caststaff/

 今回は、このドラマのあらすじ、相関図、キャストからのコメントなどについて詳しく解説してきました。柴咲さんも坂口さんも演技力抜群の方なので、これからどのような展開になるのかとても楽しみです。

 独特なテーマのドラマにはなりますが、思わずハッとさせられる場面にこれから出会いそうな気がしています。柴咲さんが今後どうなってしまうのか、涙を流しながら見ることになりそうです。最後までお読みいただきありがとうございました。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました