2期8話の予告『半沢直樹2』(2020)9/6放送|ネタバレ・あらすじ|堺雅人

ドラマ

今回は9/6(日)夜9時~放送の半沢直樹2期8話の予告の記事となります。

半沢直樹2期8話の予告編

(半沢に向かって怒鳴る大和田)

大和田「あんな化物を相手にできるっていうのか!」

最恐の敵、箕部幹事長

箕部幹事長「探りを入れられて困るようなことなど、わたしはなにーー1つとしてない」

牙をむく半沢

半沢「鍵を握っているのは箕部幹事長だ」

紀本常務が箕部幹事長と繋がっているとわかった半沢だが、なぜ箕部が東京中央銀行に強気になれるのか、紀本はなぜ箕部に従うのか。

理由は謎のままだった。

山久(帝国航空財務部長)「半沢さんが作った再建案のまるパクリです」

半沢は政府のタスクフォースが作った再建案が、全く自分が作ったものと同じことを知らされるが、

半沢「この、羽田-伊勢志摩路線」

半沢の見立てでは、赤字路線で撤退を提示していた路線が、タスクフォースの再建案には、残す路線として組み込まれていたのだ。

半沢「箕部幹事長の選挙地盤だからだ」

政府のタスクフォース、そして箕部にきな臭いニオイを感じ取る半沢。

そんな時

黒崎の部下「ちょっと、よろしいですか」

(黒崎の部下に黒崎の元に来るように促される)

まさかの因縁の相手黒崎と、再び対峙することになる。

黒崎「やられたらやり返す。よ」

金融庁まで再び動き出して、帝国航空をめぐる騒動は、政府・半沢たち東京中央銀行・金融庁、と混沌をきわめてくる。

(切羽詰まった様子で)

紀本「参考人招致をうけるかもしれない」

そんな中、中野渡頭取が、国会から参考人招致を受けるかもしれない、という話が上がる。

(中野渡頭取を脅すように)

箕部幹事長「公の場で糾弾すべきだと、騒いでるようでねぇ」

そんなことになれば、東京中央銀行は、風評被害どころか、頭取の存続すらも危うくなってしまう。

だが

箕部幹事長「政府と銀行、共存共栄」

中野渡頭取の真意はどこに。

半沢「早急に真相掴む必要がある」

半沢は東京中央銀行を守るべく、政界のドン箕部に、隠された弱みがないかを探るのだが

大和田「君も、命を落とすことになるぞ」

紀本を失脚させたい大和田と、箕部の不正を探りたい半沢、その二人が思わぬところで協力体制になる。

半沢「東京中央銀行の、未来のためです」

ある人物の死で、物語は急展開を迎える。

真相を探るべく動き出した半沢。

その先でとんでもない巨大な闇を知り、運命の歯車は回り始める。

半沢はその闇の正体を突き止めることができるのか。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました