日清食品だからできること

グローバルイノベーション研究センター

日清だからできること

グローバルイノベーション研究センターは、「食足世平」(食が足りてこそ世の中が平和になる)、「食創為世」(世の中のために食を創造する) という創業者精神のもと、日清食品グループが成長するためのドライブコアとなる新しい技術を生み出しています。 当センターには、健康食品、即席麺、チルド(冷蔵)麺や冷凍麺、菓子や乳酸菌飲料の開発機能を集結しています。ジャンルの垣根を越えてさまざまな技術を融合させることで、未来に向けた新規技術の創出を図っています。

グローバルイノベーション研究センターの4つの機能

1. 基礎研究
乳酸菌などの機能性食品の研究開発、タンパク質やデンプンなどの食品成分に関する基礎研究、
味に関する基礎研究など、商品開発に直結する取り組みを長年にわたり行っています。
2. 応用研究
さまざまな技術を駆使しながら、実際の新製品開発を行っています。
3. 技術開発
どんなに素晴らしい試作品が完成しても、工場の生産ラインで大量生産ができなければ、
製品化することはできません。新製品開発とは、同時に機械の開発でもあります。
技術開発部では生産に関する技術を革新し、生産設備の開発を行っています。
4. 知的財産
新技術の特許戦略を推進し、国際的競争力を高めています。

食の安全安心への取り組み

日清だからできること

食の安全
日清食品グループでは、創業以来「食の安全」を経営の最重要課題と位置づけてきました。お客さまが安心してお召し上がりいただけるように、グローバル食品安全研究所での科学的な検査体制をはじめ、原材料の調達から製造、流通、販売、消費のあらゆる段階において安全性に責任を持った管理体制を徹底しています。

品質保証体制

日清食品グループは、グローバル食品安全研究所を中心とした独自の品質管理体制によって、グループ全体における原材料や製品の安定した品質を保証しています。

グローバル食品安全研究所

日清だからできること

グローバル食品安全研究所は、「美健賢食」(美しく健康な身体は賢い食生活から)、「食為聖職」(食の仕事は聖職である) という創業者精神のもと、人々の健康を支える食の安全を追求しています。

グローバル食品安全研究所の活動

日清食品グループ全体における製品の品質を保証するため、2002年に設立したのが食品安全研究所 (現グローバル食品安全研究所) です。当研究所では新しい分析システムの開発、原料素材から加工、製品生産にいたる各段階の品質調査、製品の品質保証などを行っています。また、食品企業としては数少ない国際規格「ISO/IEC17025」(試験所および校正機関の能力に関する一般要求事項の国際標準規格) の認定を取得。世界標準の分析能力と独自に開発した各種の分析システムなど、品質確保のための高度な技術を製品づくりに生かしています。

グローバル食品安全研究所の機能

1. 世界屈指の品質管理体制
グローバル食品安全研究所は、食品の品質管理に医薬品の安全基準を導入し、高度な分析技術と世界屈指の食品安全管理体制を確立しています。こうした独自の品質管理体制によって、日清食品グループ全体における原材料や製品の品質を保証しています。
2. 食の安全に関する情報を世界に発信
インスタントラーメンは容器、スープ、麺、具材と多くの構成要素が含まれる、食の安全に関して取り組むべきポイントの多い製品です。グローバル食品安全研究所はWINA (世界ラーメン協会) の活動を通じて、業界内の連携や情報交換を呼びかけ、食の安全に関する情報を世界に向けて積極的に発信しています。